カーマット フロアマット 専門店 軽自動車からミニバンまで製造

カーマット フロアマット 専門店 軽自動車からミニバンまで製造

あなたの車のフロアマット 綺麗ですか?

愛車のフロアマット・カーマットは清潔な状態でしょうか?
汚れて当たり前な箇所なので、綺麗な状態をキープされている方は少ないと思います。
フォロアマット・カーマットは、生地ででてきるため長い間使用すると摩擦や経年劣化で傷んできます。
生地が痛むとに摩擦力が低下し、走行中に足を滑らせるなどの危険運転を誘発してしまいます。

 

カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

マットの状態が良く清潔に保つことが重要となります。

 

車内は、言わば室内を土足で動き回る環境と同じなんです。
マットに清潔感がないと、車内には悪臭が漂い不衛生な状態となってしまいます。

 

カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

快適なカーライフを送るためにも当サイトでは、フロアマット・カーマットのお手入れの仕方や車種別にマッチしたマットの情報を発信したいと思います。

 

純正マットよりも高級感のある生地

車メーカーは、販売する各車種のフロアサイズに応じてフロアマット・カーマットを販売しています。
各メーカーは、カーマット生地の厚みや生地素材によっていくつかのタイプを用意しています。

 

標準タイプは、薄っぺらいですがコストが安く経済的
ラグジュアリータイプは、高級感がありふんわりしていますが価格は標準の2倍近くとなります。

 

ラグジュアリータイプ
カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

 

高級フロアマットも長い間使用すると、摩擦が多い箇所から傷んできます。
カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

このように痛むとせっかくの高級感も台無しです。
特に運転席は、生地の痛みが早いです。

 

カーマットの素材は、コストによっていくつかの種類が存在します。

 

PVC ポリ塩化ビニル製

PVC ポリ塩化ビニル製はコストパーフォマンスが非常に高く経済的ではあるのですが、熱や耐圧に弱くすぐに変形します。
一時的な利用 大雨の日などの防水用としては最適ですが、長い間設置して腰を据えて利用する場合はおすすめできません。

 

 

ポリ塩化ビニル製 フロアマット
カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

 

 

合成繊維

化学繊維を使ったカーペットのような生地のフロアマット
車内の足元が高級感に満ち溢れます。
原材料は、原着再生ポリエステル短繊維を使ったニードルパンチ不織布
カーマットの裏面に不織布を使うことで、吸音の効果があります。
走行中のタイヤから発生ロードノイズを低減してくれます。
気になる臭いはほとんどありませんが、安価なフロアマットは臭いのある繊維を使っていることが多いので要注意
純正マットは、質感が良く非常に綺麗です。

 

カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

 

ゴムラバー

防水・防汚に優れるゴム製のフロアマット
合成繊維に比べると高級感は劣ります。
車をアクティブに使う人にはおすすめのマット
スキー・サーフィン・釣り・登山やスポーツをされる方は、足元が汚れます。
合成繊維だと汚れがべったりとついてしまい、洗うのに一苦労しますがゴムラバーなら水洗いでOK
気になる臭いは、素材によってあります。
EVA樹脂はやや臭いが強いですが、合成ゴムは臭いが低減していますので気になりません。

 

カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

愛車のカーマットは車種別ですか?汎用ですか?

車のフロアマット・カーマットは、いくつかの素材があるのと当時に車種別・汎用のサイズが存在します。
車メーカーが生産するカーマットは、当然 車種別にマッチしたサイズのカーマット
カー用品量販店やホームセンターで販売されるカーマットは、汎用品が主に販売されています。

 

汎用マットの特徴は、コストパフォーマンスに優れている反面、車種別サイズにマッチしていないため 足元に遊びがあり
ずれてしまうことです。一時的な利用であれば問題ないですが、運転席に腰を据えて設置する場合、重大事故になりかねないのでオススメできません。

 

汎用カーマット
カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

 

反対に車種別サイズは、その車にマッチしたベストサイズになっているため足元の見栄えは良く非の打ち所がありません。

 

車種別サイズのフォロアマット・カーマット

 

カーマット,フロアマット,専門店,軽自動車,ミニバン

 

当サイトでは、安全面を考慮した車種別にマッチしたフォロアマット・カーマットの紹介を行いたいと思います。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME ふんわり生地 ゴムラバー 販売店